ちんぽのサイズアップ対策にマッサージや生活習慣の改善を

生活習慣などを見直そう

勃起不全になる原因に生活習慣の乱れや飲酒、喫煙などが考えられます。適量のアルコール摂取の場合には、それほど影響はありませんが、多量のアルコールなどは、勃起不全やその他にも体に悪影響を及ぼすこともありますので、控えるといいでしょう。

また、喫煙は血流に悪影響を与えることになります。血管を収縮させる作用があるため、血液の循環が悪くなり、これも勃起にある程度関係してくると考えられているため、できるだけ、血行をよくするためには喫煙なども控えることで勃起不全対策につながるでしょう。

また、ストレスや睡眠不足、運動不足などは健康的な生活習慣とはいえません。勃起以外にも自身の体の不調にもつながってしまうことになりますので、改善していくといいでしょう。

その他に対策としては下半身のマッサージ(ちんぽトレーニング)などをすることで、血行を良くする効果が期待でき、その影響が勃起不全にもある程度効果が期待できるといわれています。興味がある場合には、マッサージを試してみるのもいいでしょう。ネットで検索すれば詳しい方法がわかりますので、調べてみるのもいいでしょう。

短小に有効とされるペニスサイズアップサプリ成分シトルリンの摂取量について

短小に有効とされる成分シルトリンは、一般に市販されている精力剤や滋養強壮剤の中には2000mg〜3000mg配合している製品もありますが、1日の摂取量としては800mg配合されていれば十分な効果が期待出来るとされています。しかし、1回のセックスで放出される精子や精液の生成には、アルギニン換算で約2000mg程度のシルトリンが必要とされているので、毎日の服用が望ましいとされています。
(参考)ペニスサイズアップサプリで短小は改善されるの?
経口摂取されたシルトリンは、アルギニノコハク酸を経てL-シルトリンに変化される過程で神経伝達物質や免疫機能に作用する一酸化窒素を生成します。一酸化窒素は、血管平滑筋を弛緩させる事により血管を拡張させ勃起不全の症状を改善する効果が期待出来ます。

又、シルトリンは、一酸化炭素の生成原料となる天然のアミノ酸の1つであるアルギニンとして作用するので、勃起不全に有効とされる亜鉛と同様に精液の生成量や男性機能自体の向上が期待出来ます。