WEB完結や自動契約機が安心

そして、申し込みや審査が終了し、本契約を行った後の話です。通常はローン用のカード発行する金融機関がほとんどで、今後はそのローンカードをつかって引き出しや返済を行うようになります。また借入額や返済状況の通知などもあります。突如見慣れない消費者金融や銀行カードローンの通知物が届けば、家族にすぐバレてしまうでしょう。
そういった場合は、WEB完結を行っている金融機関を選ぶのが得策です。WEB完結とは、来店や書類のやりとりが一切不要で、借り入れができるサービスです。今は専用アプリで、運転免許証などの写メもアップできるので、郵送は不要なのです。また銀行だと、その銀行の口座を持っていれば、通常のキャッシュカードにローン機能が上乗せされる場合があります。また消費者金融だと、専用の自動契約機を設けているところが多く、ローンカードを受け取ることが可能です。
WEB完結や自動契約機を導入しているところは多いので、安心です。

無人店舗であれば人と顔を合わせずに済む

では、消費者金融からお金を借りる場合はどういう方法であれば、周囲の目を気にしなくて済むのかというと、無人契約機を利用するという方法があります。
無人契約機というのは、ATMのような機械を通して借り入れの申し込みを行えるもので、通常の支店と違って、社員は誰もいません。また、契約機の入り口にセンサーが存在し、誰かが中に入ったら別の人が入れないようにドアをロックするので、周囲の目を気にしなくても済むのです。
申し込みを行うと契約機からカードが発行されて、それを隣接しているATMで使うことで即日、キャッシングをすることが出来ます。

総量規制における「除外」とは

しかしこの総量規制にも幾つかの例外と呼べるような項目があり、そのひとつ目となっているのが「除外」です。
これは総量規制のルールを守るべき業者が年収の1/3以上の融資をしても良いとされているものであり、かつその契約者の貸付残高、つまり借金の総額にも含まれないというものになっています。
具体的な例としては「自動車購入時の自動車担保貸付」や「高額療養費の貸付」、「不動産・有価証券が担保となった貸付」等があります。
最初の自動車担保貸付は簡単に言ってしまえばマイカーローンですが、こうした除外の条件を満たしているのであれば、たとえ貸金業者であったとしても総量規制を無視して貸し付けをして良いということになるのです。
加えて貸付残高としてカウントされることもないため、先ほどのAさんがマイカーローンで100万円を超えていてもまだ100万円を貸金業者から借りて良いということになります。
条件が非常に限定されてはいますが、これを知っておくと高額の借り入れでも銀行やローン会社以外から借りるという選択をすることができるようになりますから、貸金業者からお金を借りることを考えているのであれば是非チェックしておきたい項目でしょう。

人気のあるイオン銀行カードローンの特徴

病気や冠婚葬祭などで、急にお金が必要になることは長い人生にはよくあります。
いざという時の為にしっかりお金を貯めておくことは大事ですが、それでもなかなか貯金ができないという人は、知り合いにお金を借りるよりは、カードローンなどに申込んでお金を借りるといいでしょう。
カードローンは担保や保証人も必要ないので、誰にも迷惑をかけず自分の責任でお金を借りることができます。
カードローンは消費者金融だけでなく銀行でも最近は取り扱うようになったので、とても人気があります。
銀行ならば金利も低く安心して借入れや返済ができます。
銀行のカードローンの中でも人気のカードローンが、イオン銀行カードローンです。
300万円までならば収入証明書が必要なく、イオン銀行の口座があれば即日借入もできるので、急いでお金が必要な人には人気があります。
収入がまったくない専業主婦でも、50万円までの借り入れなら申し込めるのもイオン銀行カードローンが人気のある理由です。
申し込むと審査がありますが、在籍確認もあります。
イオン銀行カードローンの在籍確認方法は、申し込み書に書かれた職場へ電話で確認します。
会社の代表の電話番号ではなく、自分の働く職場につながる電話番号を書くことが大事です。